<   2013年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

そして…

f0130072_0383913.jpg

f0130072_0383961.jpg

f0130072_038391.jpg




ひばり工房のハム、サラミ、赤うしジャーキーを勿論購入!


ソーセージはくれた(’仝’*)♪


つーことで、お料理っ!!


サラダはキュウリ、アボガド、ピーマンとひばり工房のサラミを入れて、マヨネーズ、塩コショウ、オレガノで味付け。


旨い!


ライ麦パンサンドにはキュウリ、アボカド、ひばり工房ロースハム。


これまた旨いー!!


ジャーキー旨すぎー!!、


っつー訳で、ワインはあっちゅーまに無くなったとです(^仝^;)


人との繋がり、絆、出会い。


そして呼応する想いに改めて『東京で頑張るぞ!』と気合いが入った1日でした!


東京行きます。


出発は5/18。


もう1回行きたいなぁー。
[PR]

by 3-5_takeru | 2013-04-28 00:38

ヒバリカフェ!

f0130072_0375212.jpg

f0130072_0375269.jpg

f0130072_0375257.jpg




大好きなカフェ『ヒバリカフェ』


知り合ったきっかけはタンクマとRBのコラボ取材で、いっぱつで仲良くなって、ライブやらせてもろたり、店内に自分の作品飾ってくれたりと、仲良くさせてもらっとるとです。


色んな作品を観せてたら『個展やろう!』って事になって。


実は今年やるつもりだったとです。


でも、急遽決めた東京行き。


スケジュール的に厳しくなってしもたので、内緒でプレゼントを制作。


今日サプライズで渡してきたとです!


二人共大喜び!


色んな場所に飾りながら、ここもいいな、あそこもいいなと楽しい相談♪


そしてこれからの事を話して、楽しみだ!と云ってくれました。


カップの形、同じでしょ?


実はハッキリ覚えてなくて、こんなんだったハズ!で作ったんやけど、そっくりで全員大興奮!!


今日も楽しい時間ば過ごしてきました。


みんなも是非遊びに行って、美味しいヒバリドッグと珈琲飲みながらタケルの作品ば眺めて下さいね!
[PR]

by 3-5_takeru | 2013-04-28 00:37

プレゼントした作品は

f0130072_1815628.jpg

f0130072_1815612.jpg




これです!

リバーシブルばいっ(^仝^)v
[PR]

by 3-5_takeru | 2013-04-23 18:15

Bar: Colonの看板

f0130072_18857100.jpg

f0130072_1885766.jpg



お店に行く度に『かっちょよくしたいな〜』と思ってた看板。


どんなのにしようかな〜と具体的に考え始めて、だいぶイメージが固まったから先週土曜日に迎えに行きました。

月曜日から置きたかったから。

で、先ずはキレイに拭きあげて、にらめっこ。

イメージがどんどこ出てきたんで、使う写真をプリントしてコピーして、ビリビリビリビリ。

実は看板に使おうと思って作ったやつがあんだけど、それは作品として成り立ってしもたので、たけちゃんにプレゼントしました。

これはお店の中に飾ってあります。こっちも見てね!


自分の筆文字を入れるかどうかが、一番悩んだところ。


でもたけちゃんが『これが嬉しい!』って云ってくれたから良かった。

厚めの和紙使用。

昨日はみんなに褒められて、よか気分で呑みました(* ̄仝 ̄)


たけちゃん大喜びで、ほんと嬉しかった!




写真じゃなかなか伝わらんと思うので、是非直接見ていただきたいっ!

Bar: Colonをよろしくっ!
[PR]

by 3-5_takeru | 2013-04-23 18:08

鮫についてのお知らせです

f0130072_13315434.jpg




鮫シングル『Revolver 』01〜06

昨日を持ちまして、上通り大谷楽器での販売を終了させていただきました。

尚、引き続きTSUTAYAでの販売、通販は行っておりますので『まだ聴いとらん!』というウッカリさんは是非手に入れて下さいね。


通販のお申し込みはtakeruvox@gmail.comにて。

お名前、ほしか番号(01〜06)、ほしか枚数、ご連絡先をメールして下さい。

では改めて収録曲ば書いてみよかね!


【Revolver】
★01 マスキング/RED
★02 パルス/サンダーヘッド
★03 宣言/ヘラクレスRevolver MIX
★04 ホームラン/タイムカプセル
★05 ダンゴ虫/ペダル
★06 リボルバー/COMPLETE +bonus track

All \500!!

こーやって書いてみると、怒濤の6ヶ月を思い出すなぁ。

毎月1日にリリース、毎月レコーディング、毎月レコ発ライブ…


よー頑張った(* ̄仝 ̄)v

なので、今も一人でも多くの人に聴いて欲しい!って思ってますよ。


在庫がなくなり次第、販売は終了します。

そして、残り僅かなやつもあるのでね。

お早めにね!

そして、こっからは部員の皆さんにお知らせです!!


鮫部員限定のBBS『鮫BoooooM!!』みんな、見よらんどー?


なんか元部長から大事なお知らせか書き込んであるよ〜♪


チェックしといてな!!
[PR]

by 3-5_takeru | 2013-04-20 13:31

f0130072_3445153.jpg




音について考える。

曲でもなく、歌でもなく、音。

勿論全体的に『音』と云える。

歌も、メロディを奏でるひとつの『音』

ギターもベースもタイコも鍵盤も、全ての楽器は『歌う』わけだし。

レコーディングで最も重要なのは、やっぱミックスだと思う。

どんなによか音鳴らしてよかフレーズ弾いてても、その輪郭が前に出てなければ届かないし、バランスが悪いとさらに届かない。

ライブもそう。

エンジニアで出音は変わる。


仲良しのエンジニアが云ってた。


『俺は音を聴いてるんじゃない。音を見てるんだ』って。

『その景色を明確にしてるんだ』って。

だから答えた。

『それはさ、ちゃんと見える音出してる人達ばっかとやっとるけんやんか!見えない音があんだよ!わかってない音!その音はすげーうるさいんだよ!』

そしたら

『そう!うるさいよな!!』

そう。

奏でてない音はうるさい。

無駄な音が多いから。

歌だってそう。

言葉を歌ってんのに、何て云ってっかわかんなかったら意味ねーだろ?と思う。

そういうスタイルの人もいる。

でもスタイルといい加減は違うんよ。

何て云ってるかわかんないスタイルで歌ってても、本気は解るんよ。

想いは伝わるんよ。



やりたい音楽は人それぞれ。

歌いたい歌も人それぞれ。

聴きたい音楽も人それぞれ。


だけど、音楽を人前で演奏して歌を歌って、そこにチケット代が発生するのなら、アマチュアだろうがインディーズだろうがメジャーだろうが発する『責任』が必ず存在する。


どんなスタイルでもいい。


でもね、その『責任』は持つべきでしょ。

チケット代、いただいてるんだから。


そのお金は、来てくれるみんなが働いて稼いだお金だったり、親に頼み込んでもらったおこずかいだったりするんだから。

そのお金を『使ってよかった!』って思ってもらうのは当たり前で、それ以上の、その後の生活にもじわじわ染み込んで共に生きるのが、我々音楽人の願いであり、望みでしょ?


テメーがやりたいだけならさ、CDもライブもタダにしろよ!


バンドってね、やろうと思えば簡単にできるとよ。

でもね、アートの世界はそうはいかん。

絵描きの友達が東京に居るけどね、もーね、心意気が違うよ。

写真は他人とは思えんで奈良美智展で買ったステッカーやけど、展覧会のチケット1000円ですよ。


アマバンのチケットでも1000円以上するでしょ?

音悪いCDが1000円以上で売られてるでしょ?


『音』そして『価値』


こんな事書いてんのは別に誰かのライブ観て頭にきたからじゃないんですけどね。

ずっと思ってた事で。


CDは良いのにライブは駄目なバンドも、ライブは良いのにCDは駄目なバンドもいるでしょ?


バンドに限らず、ですけど。


でもさ、どっちも良いのが当たり前なんですよ。


それが、まんま、って事だから。


それは自分自身がずーっと意識しながらやってきた事で、今現在もやれてる自信があります。


でね、それが録音に関してはやっぱ重要なのがミックスなんですよ。


エンジニアですね。


タケルが大好きなスーパードラマーさんは、何のレコーディングにも、自分のエンジニアを連れて行くとですよ。


それって、凄い事だけどよーわかるとです。


エンジニアって大事。

でねー、東京には仲良しのエンジニアがおるとですよ。


彼が録る音を、みんなに聴かせたいなー。


あと1ヶ月で東京行きます!
[PR]

by 3-5_takeru | 2013-04-19 03:44

Kids

f0130072_2424177.jpg

f0130072_2424153.jpg



自分の子供が欲しいと思った事はないんやけど、こいつらは最高にかわいいのだ!


パパ&ママもめっちゃキュート♪

大好きなお友達!
[PR]

by 3-5_takeru | 2013-04-12 02:42

最近作った料理

f0130072_1735546.jpg

f0130072_17355470.jpg

f0130072_17355472.jpg




いちばん旨かったのはキーマカレーかなー。

盛り付け雑ですが(^仝^;)

あとはチキンのきのこソース。
きのこたっぷり!きのこ大好き!

イタリアンサラダも旨かったなー。

レタス、キュウリ、セロリ、ピーマン、トマト、パプリカ、アスパラ、タコ、パセリ、ハム、チーズ入り。

やっぱ具だくさんが旨いよねー。

チリコンカルネも作ったよー。

翌日トマトジュース加えてペンネにしました。
チリとペンネは合うねー。


なんか宴会ばっかやってるみたいですが、料理はあくまで気分転換というか、ま、趣味ですな。

集中して作詩したり作品創ったりして、そんな中お友達が来る時は料理をします。

お友達の家で作ったりもします。

音楽とお料理はとても似てて、味のイメージがはっきりしてないと、美味しくはならない。

音楽も、そう。

漠然としたイメージのまま作り始めるとなんだかハッキリしない味になる。

作詩する時なんとなく書き始めると、なかなか納得するものは書けない。

でも、そっから逆転する事もあるんだよなー。

とにかく創作意欲は全く途切れない。
これは嬉しい事。


なによりも自分が作った料理を食べて喜んでくれる『美味しい!』って云ってくれる、その喜びが欲しくて作るんだろうなぁ。

音楽も聴いてくれるみんながいなきゃ、その喜びは得られない。


自分の為の料理は、かなり手抜きなのです( ´仝ゝ`)ハハハ。
[PR]

by 3-5_takeru | 2013-04-08 17:35

トモダチ



ボクは小学生の頃から一人が好きだった
兄弟と一緒に寝るのも嫌だった
集団登校も嫌だったし、友達と一緒に帰るのだって嫌だった

給食だって一人で食べたかった
自分のペースで食べたかった

先生達はみんな『子供は一人が嫌いだ』って決めつけてた
そんな事はない
ボクはいつだって一人になりたかった

ボクは中学生になっても変わらなかった
中学生になって 少し淋しくなったから
仲間を探す事にした

一人が好きなやつ
一人が好きで、一緒に居ても一人でいられる仲間

一人でいるのはいじめられっ子だけだった

ボクはいじめられっ子に話しかけた
最初は全然喋ってくれなかった
それでも諦めずに喋りかけた

やっとその子が喋ってくれた

そのいじめられっ子はボクにこう云った

『ボクと仲良くするとキミもいじめられるよ』

ボクはそれでもいいと思った

ボク達は仲良くなった
あんまり喋らなかったけど
それでも少しずつ仲良くなって
色んな話をするようになった

ボクは初めて ずーっと考えてた事を
その子に話してみた


『あのさ、空を真っ直ぐ真っ直ぐ進んでいったらさ、空を突き抜けて、地球を出るよね?
地球を出たらそこは宇宙だよね?
それでも真っ直ぐ真っ直ぐ進み続けたらさ、宇宙も飛び出して、誰も知らない場所に辿り着くのかなあ?
だとしたらだよ、今度は地面を真っ直ぐ真っ直ぐ掘ってったらさ、地球の真ん中にいくよね?それも通り越して真っ直ぐ掘ってったらさ、やっぱり地球を飛び出すよねえ?で、やっぱりそこは宇宙だよねえ?
それでも真っ直ぐ真っ直ぐ進み続けたらさあ、やっぱり宇宙を飛び出して、誰も知らない場所に辿り着くのかなあ?
だとしたらだよ、上に行っても、下に行っても、同じ場所に辿り着くってこと?ねえ、どう思う!?』



その子は黙ってた。
黙ってずっと考えてたから、ボクも黙ってその子の答えを待ってた。

ボク達が黙って座ってたら、向こうからいじめっ子が来た
数えたら、5人いた
5人いたけど、ボクは負ける気はしなかった
だって、いじめっ子は弱いって知ってたから

いじめっ子は弱い
いつもつるんで、汚い言葉を使って、暴力を使って、それをごまかして生きてる

いじめられっ子は強い
いじめられっ子だっていう現実を受け入れて、その現実を受け入れて生きてるから、孤独を知ってるから強いんだって、ボクはこの子と仲良くなったからわかった

だから負ける気はしなかった

いじめっ子が5人だろうが10人だろうが
100人だろうが1000人だろうがボクは負ける気はしなかった


抵抗しないボクらはボコボコにされた
ボコボコにされて動けなくなって倒れたボクにいじめっ子のリーダーの奴がツバを吐いた
いじめっ子はボクをボコボコにしたんだよ?
なのに、まだ頭にきてて、ボクにツバを吐いた
ボクはね、そのツバを、舐めてから
舐めて、飲み込まないって事を選んで、こいつを拒絶するって事を選んで、吐き出してやった
ボクの勝ちだと思った


そいつらがいなくなってから
やっとその子は喋り始めた



『あいつらバカだよね。ボクらはこうやって生きてる事を実感できる。痛みはね、生きてる証なんだよ。傷付けられると傷付けたくなくなる。優しくされたいから、優しくなれる。さっきの質問の答えだけどね、ボクは、ボクが選んだ道を真っ直ぐに進んでいけば、その道が上でも下でも右でも左でもおんなじ場所に辿り着くと思うよ。ボクが本気で幸せになりたいと思って本気で選んだ道なら、その道を本気で真っ直ぐ進み続けるなら、その道が上でも下でも、右でも左でも前でも後ろでも、おんなじ場所に辿り着くと思うよ』


その子の答えが ボクが探してた答えかどうかはわからなかったけど
ボクは嬉しかった


その子が『ボク』じゃなくて、『ボクら』って云ってくれたから


その子が『ボクら』って云ったから、『ボク』が『ボク達』になった


だからボクは嬉しかった


★昨年11/20に初披露した曲『トモダチ』
この曲は歌ではなく、語りです。
語りというか、台詞です。
だから一人芝居のような曲です。
なので、その時々で言葉は減ったり増えたりです。主人公になってしまうので、その時の気持ちで言葉を発します。
曲もライブの度に表情を変えます。
タケルはパーカッションもやってますが、やんない時もあるかもしんないし。
そんな自由な曲です。

そして主人公がずっと考えてた疑問は、タケルが10代の頃、ほんとに考えてた事です。それ以外はフィクションですが、この部分はタケル本人の想いです。

ここに書いたのはベーシックな詩です。
尊い友達が出来た瞬間の詩で、気に入ってます。
[PR]

by 3-5_takeru | 2013-04-04 06:25

新年度ですね

f0130072_18372399.jpg

f0130072_18372336.jpg



RB 1stシーズンの記念にタケル&TOMMYの写真、ここに残しときますね。

3年前、TOMMYと喋る事になった時に撮りました。

お互いの写真にうつり込んでます。

TOMMYはボールでタケルばねらっとる…タケルは何故かプロレスの写真持っとる…おかしか(^仝^;)


さてと、今日は久しぶりにお料理します。

宴会♪宴会♪(* ̄仝 ̄)ノイェーイ!!
[PR]

by 3-5_takeru | 2013-04-01 18:37