<   2013年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

昨日の写真をちこっと

f0130072_22463374.jpg

f0130072_22463358.jpg

f0130072_22463351.jpg




写真がいっぱいあるけんねー、全部は載せられんとけど。


昨日は番組前からリスナーのみんなが会いに来てくれてて、番組中何回か集合写真撮ったんやけど、番組3時間あるけんね、リスナーのみんなも3交代位で、人数減る事なく最後まで見守られてて、ほんとに嬉しかったです。


何人と喋ったのか?何人と握手したのか?何枚サインを書いたのか?

わからないまま怒涛の3時間。


トミーとも云ってたんだけど、泣くヒマなくて、ほんと良かった!!

いや、何回もヤバかったけど(^仝^;)

でも、それより何より今までずっと聴いててくれて、メッセージ送ってきてくれてて、会ったのは初めて!って人が殆んどだったんやもん!
だけん名前聞いた途端『〇〇!?わーっ!!』って叫びまくりだったもん!


いやー、凄い1日やった。


RBのブログにも詳しく書いてありますから、そちらも是非見て頂きたいです。


昨日の今頃は、まだFMKの本社に居ました。


みんなからもらったお花達、プレゼント達に囲まれて、幸せな気分に浸ってたよ。


まだ『終わった』っていう実感はなかし、まだJ-PITにも行ってないけん、じわじわくるんやろな、と思います。


今まで生活の中で得た情報や面白い出来事は必ずと云っていい程『水曜日話そう!』と思ってたんで、思考回路はたぶん、まだそんままだと思うんですよね。


それがこれからじわじわくると思うんですが…


じゃあどこで発散すりゃいいんだよ!?


タケルの日常は喋りたい事だらけだぜ!?


って事で、遂にというか、やっとというか、Facebookをスタートさせようかと考えております。


やっとTwitterに慣れてきたとこなのに…しきるとだろか?


しきるどー?


友達増やせばよかとだろ?


友達になろう!て云われたら、なろう!なろう!て云えばよかとだろ?


(*´仝`*)ん?


違うかもしれんばってん、始めてみるね!


あとねー、番組終わって結構云われたのが『男なのか女なのか、結局云わんやったね』って事!


これもおかしかよねー。
6年間、聞かれ続けた質問『どっちなんですか?』


勿論友達は知っとるけどね。
でも、知らん人が多いのも事実。


しかもラジオで喋り出す前にスタッフと話して『内緒にしとこう』てなったとよ。


わからん方が面白いけんって。


だから1度もその質問に答えた事はありません。

つーか、6年も聞かれ続けるとは思ってなかったよ!


『どっちかたい!』とか『多数決で決めなっせ!』とか答えてたな。

『会社で意見が割れてるから教えて下さい』とか色んなメールがきてて、楽しかった。


一番多く云った答えは『タケルっていう生き物です』で、これはトミーも云ってたな。


でもそれが、本当の答えだと思う。


かっちょよくなりたい。


かっちょいい生き様を残したい。


自分が『かっちょいい』と思える生き方しか、したくない。


そして、自分だけの、誰にも真似出来ない生き方をしたい。



とことん真っ直ぐに生きて行きたい。


その全てを、歌いたい。


『かっちょいい!』に性別も年齢も関係ないと思うしね。


どっこにも存在しない、オリジナルな自分自身になりたかとです。


ま、かっこいい!じゃなくて、かっちょいい!を目指してるあたりがガキんちょだけどね。へへ。


もっともっと身体も心も鍛えて、強い人間になりたいなあ。


いや、なるけんねっ!!


そりでは、いつから始めるかは解りませんが、Facebook始めたらお知らせするんで、やってる人はお友達になってね♪


ヨロシク!(* ̄仝 ̄)ノ
[PR]

by 3-5_takeru | 2013-03-29 22:46

みんな、ほんとにありがとう!

f0130072_21353966.jpg

f0130072_21353991.jpg

f0130072_21353977.jpg




たーっくさんのリスナーに囲まれてのRB最後の放送。


ほんっとに楽しい6年間やった!
ほんとにほんとに、ありがとう!



何度も何度も集合写真を撮りました。


また後でアップするね。


沢山のお花とプレゼントもありがとう!


そしてみんながくれたメッセージの全て、忘れません。


J-PITに来てくれたぐっちゃんに云われた。


俺も叶えたい夢があるから、絶対頑張るって。


うん、頑張ろうって、かたーくかたーく握手をしたよ。


涙出るけん顔は見れんかったけど、めちゃくちゃぎゅーって握ったよ。


番組の最後にも云うたけど、今まで聴いてくれて、本当にありがとう!!


そして今日初めて投げた『超ウルトラ元気玉』は、みんなの心臓めがけて投げたから。


それさえ持ってれば、何があっても無敵だからな。


忘れるなよっ!


みんなの胸に、元気玉がおる事を。


タケルも頑張るぜっ!


また会おう!


ばいばいっ!!
[PR]

by 3-5_takeru | 2013-03-28 21:35

J-PIT

f0130072_147125.jpg




明日で終わりだ。


こんな経験無いから、なんか、どうなるかわからんのだけど。


メチャクチャ淋しいけど、自分が最後は、なんか、嬉しいのかもしれん。


思い出の場所で、誰か他の人が喋ってその場所が終わるより、喋り始めたのもここで、最後もここで、ここも自分がいなくなるのと同時に無くなるってのは、幸せな事なのかもしれんなあ。


ありがとう、J-PIT。


感謝。
[PR]

by 3-5_takeru | 2013-03-28 01:47

オハイエ〜いけばな〜お花見

f0130072_303578.jpg

f0130072_303585.jpg

f0130072_303569.jpg




今日は昼からおでかけ。

先ずは『オハイエくまもと とっておきの音楽祭』へ。

そうです!

去年ライブ会場でみんなが託してくれた義援金を寄付した『とっておきの音楽祭』は、熊本でも開催されてるんです!

この音楽祭は、障がいのある人もない人も、一緒に街中で音楽を楽しみ、音楽の力で『心のバリアフリーを目指しましょう!』という想いから、仙台で生まれました。

『オハイエくまもと』が設立されたのは2010年。

音楽祭は今回が4回目で、やっとこさ、の初参戦でした。

自分は仙台の人からこの音楽祭の存在を知ったので、まさか熊本でも開催されてるなんて知らなかったんです。

熊本でも開催されてるのは義援金を届けてから知りました。

そして今日初めて『オハイエ』が、『おはよーっ!』『イエーッ!』から作られた造語だって事も知りました。

東北で生まれた言葉です。

今日は熊本市街地の9ヵ所で音楽祭が行われていて、街は音楽で溢れてました。

募金箱も置かれてたので、想いも託しつつ音楽を楽しみました。

仙台にも連絡しなきゃな。

その後はいけばな展へ。

うちのおかんの作品は今回は出品されてなくて、おかんの先生の作品を観てきました。

奥が深すぎるいけばなの世界!

そして、その後はお花見!お花続き♪

熊本城の桜を眺めながら城彩苑へ。

その途中で、おじいちゃん、おばあちゃん達がお花見しててね。

みんなで手拍子して歌ってたんだよね。

うちらはよく、誰かがアコギ持ってって歌ったりとかはするけど、手拍子だけで歌うって、なかなかないでしょ?

それがほんとに楽しそうでねえ。

オハイエ観た後だったし、音楽について考えながら歩きましたよ。桜の下をね。

人類で、最初に歌ったのは誰だろう?とかね。

楽器も何も無い時代、歌は祈りを捧げる為のものだった。

神や自然に対してのもの。

今でも遠い国ではそんな存在で、お祭りの時躍りながらリズムだけとって歌う場面をテレビで何度も見た事があるし、日本にも残ってる。

音楽。歌。

力は無限だなあ、と思う。

そしてその力を発する立場にある自分。

なんで歌おうと思ったのか?って聞かれた事もあるけど、歌いたいと物凄く強く思った、としか答えようがない。

熱くて熱くてどうしようもなかった。

でも、きっかけはあったんだよな。

高校生の時、バンドでキーボードやってて。

ある時コーラスをやる事になった。

そん時、ボーカルが習ってた先生に、少し習いに行った。

その時出逢った。自分が知らない自分の声に。

めちゃくちゃビックリした。

知らない声だったから。

喋る声と歌う声が違う人間だって、知らないで生きてたから。

音楽の授業じゃわからない事だった。

だって、本気で腹から声出さないもん。

あれがなかったら歌う事なんてなかったかもな。

でも、自分の歌声と出逢ってから、それまでずーっと抱いてた疑問があっさりと消えた。

音楽が大好き。
で、弾けるのが鍵盤だから弾いてるけど、キーボディストになりたいと思わないのはなんでだろう?って、ずーっと考えてたから。

楽しかったし本気でやってた。
でも、何かが違った。

で、一瞬にして解ってしまった。

『なんだ、これだったのか!』って。

そしてすぐさま上京。

あれからずーっと歌っとるとです。


いつだったかなあ?

東京で知り合ったミュージシャンに『お前、自分の武器が何か解ってんのか?』って聞かれた。

そんな事考えた事なかったから、思い付く事を次々答えたんだけど、全部『違う』って云われた。

しばらくして、『お前の武器は、その声だよ。』って云われた。

最強だ、とも。

年上のドラマーでデビューもしてたんだけど、今も叩いてんのかなあ?

久しぶりに思い出したのは、音楽の原点に出会ったからなのかな。

オハイエくまもとのガイドブックに書かれてる言葉。

『音楽を楽しむのに、障がい者も健常者も違いはありません』

そう、音楽を楽しむ為に必要な条件なんて、何ひとつない。

自分の歌が色んな人達の心で鳴って、力を発揮してくれたら本望だなあ。


歌うぞ。いっぱい。
[PR]

by 3-5_takeru | 2013-03-25 03:00

希望の日 a day of hope 2013

今回で3回目となる『希望の日 a day of hope 2013』

出演者第一彈が発表になりました!!


★L.S.D presents 『希望の日〜a day of hope 2013』

2013.8.18(土)@渋谷O-WEST

[出演]
MMS
横道坊主
submen
詩人三代目魚武濱田茂夫
スキマノザラシ
HHR THRILL LOUNGE
タケル
NAKAMURA ATSUSHI
FULL MONTY
山田晃士
YOUTH 26
(50音順)


去年に引き続き、出演させていただきます!イエーイ!\(^仝^)/♪


楽しみでたまらん。

今年はバンドで出るぜっ!!
[PR]

by 3-5_takeru | 2013-03-23 15:27

ご報告&トマトのお話

f0130072_16484648.jpg

f0130072_16484664.jpg

f0130072_16484697.jpg




3/11のブログに載せた宮城県亘理町のトマト畑。

もう一度見て欲しいな。

あのトマト畑のトマト達が、立派なトマトジュースとトマトケチャップに!ってのは聞いてたけど、届きました!パッケージもかわいか!

『WATALIAN TOMATO 』って書いてある!(*´仝`)♪

早速オムレツ作ってケチャップを食べました。

たいぎゃ旨かった!!


皆さんも、このジュースとケチャップ見かけたら是非買っていただきたい。

それが支援になるとです!

美味しくいただく事が、被災地を助ける事に繋がるとです!

ほんとに美味しいけん、よろしくね!

そして、昨日のRBで発表した事をあらためて。


まず、RBをお届けしていた鶴屋NewSの地下1階にあるFMKのサテライトスタジオJ-PITが3月いっぱいでなくなります。

6年間、毎週通ったJ-PIT。

みんなが遊びに来てくれたJ-PIT。

色んなゲストが来てくれた。
自分もゲスト出演した。
生演奏もした。
出逢いの場所でもあった、J-PIT。

そのJ-PITが、なくなっちゃいます。

淋しい。悲しい。
でも、受け止めるしかない現実。

だから、まだ来た事ない人は是非遊びに来てね!


という訳で、4月からのRBは本社からの放送となります。
そして、放送時間が変わります。

今は17:00から20:00。
それが16:00から19:00までの3時間になります。

1時間はよなるけん、間違えんごつね!


そして、重要なお知らせ。

今喋ってる永松ケンシ、TOMMY、タケルの3人はRBを卒業します。

ケンちゃんとタケルは最初からだから、6年。TOMMYは3年。

ほんとにお世話になりました。

って、あっさり書けるかて!6年ばいた!

本当に色んな事がありました。

J-PITと共に、RBのシーズン1は幕を閉じます。

で、ですよ。

まあ、みんなが気になってるのはタケルの今後だと思うんですけどね。

RBでもぼちぼち伝えていくつもりですが、先ず決まってんのは東京に行く事です。東京でのライブ、そして一緒にやるメンバー(Dr,G,Ba,violin)も決まっております。

元々東京でスタートさせたバンド活動でした。ボーカルとしての初ライブは東京高円寺のライブハウスやった。

熊本で歌った事はなかった。

東京での活動中に2回熊本でもライブをやりました。リリースライブもしました。

でも、集まるお客さんは80人位でした。

東京でのワンマンは3回。たしか200人位集まったと思う。あとはイベント出たり色々してたんだけど、やっぱ地元パワーが欲しいなって思ったんですよね。地元の人達に知って欲しいと思った。

熊本人だけんね。

それも帰熊を決めた理由のひとつだったとです。

そして、『ラジオで喋る』という全く考えてなかった、素晴らしく嬉しいお話しが飛び込んできたとです。

RBのおかげで、鮫もどんどん成長しました。

グリーンランドでカウントダウンやったり、ほんと楽しかった。

タケルという、熊本生まれ熊本育ちのボーカリストがいるって事は、多くの皆さんに知ってもらえたと思います。

そして、今。

東京に居たのが2、3年の話ならここまで思わないと思うけど、やっぱ東京も故郷なんですよ。長くおったから。

しかも当時の音楽仲間はどんどん力つけててね。

イベントやってたり、ライブバーやってたり、スタジオ持ってたりするんですよ。

鮫を解散してソロになった今、とても自由に動けるんです。

だからね、活動の拠点を熊本と東京の2ヶ所にしようと思いまして。

2本柱をしっか立てようと思いまして。

それで、昔の仲間に声をかけたとです。

そしたら全員即OKで、あっちゅうまにバンドができたとです。

まだ音は出してないけど、知ってる音が頭ん中で鳴ってます。いや、それよりお互い成長しとるから、実際鳴らすのが楽しみだし、この成長した状態で勝負したいんですよ。

なので、これからは熊本と東京を行ったり来たりすると思います。

ラジオでもまたみんなに会いたいんやけど、RBを卒業したら暫くは音楽に没頭しようと思とります。

あ!熊本でのライブも決まってますからね!

こちらは発表をお楽しみに!

最後の写真は相棒TOMMYと。
去年のロアッソバーの時の写真。
被災地行って、東京でライブやって、熊本帰ってきた日がロアッソバーだったんです。

本当に、本当に楽しい6年間やった。

みんな、ほんとにほんとにありがとう!

残すところ、タケルとTOMMY のRBはあと4回です。

3/28が最後だよ。

みんなからのメッセージ、最後の最後まで待ってるね。

最後まで一緒に楽しもうね!!!
[PR]

by 3-5_takeru | 2013-03-15 16:48

あの日から

f0130072_1425263.jpg

f0130072_14252624.jpg





2011.3.11

4月のライブから募金活動を始めた。

MCで『自分で届ける』と約束した。

5月から6ヶ月連続シングルリリースと毎月のリリースライブ。

あっという間の半年間だった。

11月にワンマン。

会場のBATTLE-STAGEはその後なくなった。

初めての映像作品『Revolver THE MOVIE』を4月にリリース。

この頃から被災地に行く事を具体的に考えてた。

7月、仙台、石巻へ。

イチゴ畑がなくなった場所に植えられたトマト達。

このトマト達はケチャップや缶詰になって、もう活躍してるみたい。

仙台からそのまま東京に移動。

下北沢251で行われた復興支援チャリティライブイベント『L.S.D presents 希望の日 a day of hope2012 』に出演。

8月 鮫の解散を発表。

曲作りを始める。

11/20 DRUM Be-9で横道坊主と共演。
タケルソロ1st ソロライブ。

その時、被災地に行ったから生まれた曲『その先へ』を1曲目に歌った。


物は壊れる一瞬で
全て失くした空の下
苦し紛れに生きるのは
終わりと始まり 知りたいから


『終わりは始まり』

よく聞く言葉。

鮫の終わりはタケルの始まりだった。

でも新しく作り上げるのは大変だ。
イメージはただのイメージで、動かなければ現実にはならない。

鮫が作りあげた物、残した物はでかくて、それは確かに存在してる。

それを超えた場所に今、向かってる。

物凄く大変で、本当にやれるのか?って不安にもなる。

でも不安はすぐにいなくなる。

応援してくれてる人達が居るからだ。



石巻でボランティア活動をきっかけに、お友達ができた。

また来てね!

会いたいよ。



メールでのやりとりが嬉しい。


ファンのみんなは見えない力で支えてくれてる。

きっと自分が知らない所でタケルの事を考えてくれたり、CD聴いてくれたりしてるんだろうと思う。


被災地の人達の事を想って生きる事も、きっと見えない力として伝わる筈だ。


その時が近付いてきた。

14:46:18

生活しているこの場所で祈りを。

そして今日、希望の日2013の開催が発表されました!


★L.S.D presents 『希望の日 a day of hope 2013』

☆東京公演/8/18(日)@澁谷O-WEST
☆東北公演/9/7(土)@KLUB COUNTER ACTION宮古(岩手)

そうです!

今年は東京と東北での2DAYS開催。

去年251のステージで『また来年!』って云った約束が守れそうです。

出演者及び公演詳細は追って随時発表となります。


希望の日。


絶望を救うのは希望だ。


確実な祈りを。
[PR]

by 3-5_takeru | 2013-03-11 14:25

遺体〜明日への十日間〜

f0130072_1636185.jpg




昨日観てきました。

映画『遺体〜明日への十日間』

映画の舞台は岩手県釜石市。

釜石の地形は津波で壊滅的な被害にあった地域と、難を逃れた地域が1本の川を挟んで2つに分かれてて、災害が起きた当初、無事だった人達は津波の状況を把握できないまま、同じ町に住んでた人達の遺体を搬送して検死、DNA 採取、身元確認をやらざるを得ない現実の中に居た訳です。


そんな事まで考えた事なかった。


遺体安置所になったのは廃校になった中学校の体育館。


原作はジャーナリスト石井光太さんの『遺体 震災、津波の果てに』

脚本、監督は『誰も守ってくれない』の君塚良一さんです。


石井さんが実際に目撃して取材した事実を基に作られた映画です。


当時報道されてたのは、被害の状況やその数、物資や募金の呼び掛け等。そこで伝えられてた事も勿論事実だったと思うけど、同じ被害者の方達が犠牲になった人達の尊厳を守りながら家族との再会を願って懸命に遺体を守り続けてたなんて、そんな辛い役割を沢山の人達が担ってたなんて、考えれば解る事かもしれんけど、考えた事はなかった。



この映画はその状況が描かれてます。

ただ、これは震災の断片。

断片は数知れない。

それでも、震災で起きた事を物語ってる。

役者さんがたまらなくなってるのが解る。その想いと共に吐き出される台詞はいくつも頭ん中で今も繰り返されてる。

あんな状況の中にいたら、たまらなくなるのは当然だと思うし、映画を観ただけでこんなにきついんだから、これが現実だったらって考えると、本当に言葉を無くしてしまう。


自分はお金持ちじゃない。

だから少ししか募金もできない。

被災地に行ってボランティア活動をしたけど、まだ1回だけだ。

物凄く情けない気持ちになった。

主演の西田敏行さんのコメント。


『ご遺族の方々の心境を考えると劇化するのが正しいかどうか判断には非常に迷いました。しかし劇化することによって"事実"とは違う"真実"が引き出せるのではないかと思い、出演を決意しました。』


この映画の収益は、被災地に寄付されます。


是非とも観ていただきたい。


この映画の上映回数が少ない事、そしてあまり知られていない事が残念だけど(熊本だけんかもしれんけど)知って、観たいと思った人は、観て下さい。


ミュージシャンは曲を作って、奏でる。

自分も曲を作って、歌った。

ジャーナリストは書く。
映画監督は映画を作る。


それぞれの立場で、それぞれのやり方で、震災と向き合って物を作るのは表現者だからなんだろうと思う。

そして存在してる理由を知りたい、と。

これは自分がいつも思ってる事。

昨日のRB 、ラストは横道坊主の『ハル』をかけた。

3/6、6年振りとなるスタジオフルアルバム『悲しみ 月 そして希望』がリリースされた。


『ハル』を聴いてから、映画に行った。


震災の映画は他にもある。

レジー・ライフ監督の『夢を生きる』
そして、『誰も観たくなかったドキュメンタリー』と云われてる『311』

自分がまだ知らない作品もあるだろうし、熊本では観れるのか?わかんないけど、生きてる限り、命を使って、動き続けようと思います。


やるべし。
[PR]

by 3-5_takeru | 2013-03-08 16:36

前半戦

f0130072_15592760.jpg



0-0です(* ̄仝 ̄)
[PR]

by 3-5_takeru | 2013-03-03 15:59

あ!ロアッソ君だ!

f0130072_14302914.jpg



あはは。
[PR]

by 3-5_takeru | 2013-03-03 14:30